みんな入籍報告って何でする?SNS?直接?適したタイミングとは

みんな入籍報告って何でする?SNS?直接?適したタイミングとは

みんな入籍報告ってどこでする?SNS?直接?適したタイミングとは

プロポーズをされて人生で最高に幸せな時!次は入籍報告をどうするかですよね?

以前と比べて、直接会ったり、電話する他にもLINEやSNSなど手段が豊富になっているのでついつい迷ってしまいますよね?

先輩花嫁たちがどうしてその方法で報告したのかをご紹介します!

やっぱり対面で伝えたい派

large (3)
出典元:Weheartit.com

結婚情報誌などでもやはり知らされる側としては「直接聞きたい。」という意見も多く、大切な友人や親族に関しては対面で会って話をするという人も多いようです。

入籍といえば大きなライフイベント。友達の口から、幸せいっぱいな報告を聞いてみたいと思うものかもしれません。

遠方ならともかく、しょっちゅう会ってるのに直接報告されないと「あんまり仲良くないのかな・・」と友人に心配されてしまう危険性もあるので、その辺は配慮が必要そうです。

電話で直接伝える派

use_img03
出典元:http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015951.html

ある程度年齢を重ねると仕事でも大事なポジションになってきたりして、なかなか友達と会うのも難しくなってきたりします。

そんな方々は電話で報告するのも良いでしょう。

確かにどんなに忙しくても、着信が入っていれば好きな時間に折り返せますし、わざわざ伝えようとしてくれたことが嬉しいものです。

電話がなかなか繋がらず、やむなくメールになった場合でも、「電話で直接伝えようとしていてくれたんだな。」と思い、少し嬉しい気持ちになれますよね。

LINE・メールで伝える派

line-illegal-login-002
出典元:http://appllio.com/

最近増えているのはLINE・メールで伝える派です。確かにいつ送っても迷惑にならないし、手軽に送れちゃいますよね。

また利点として、複数人の仲良しのメンバーがいたとして、誰が先に話を聞いた・聞いてないということにもならないのでおすすめです。

ただやはりとても大切な友人や知人であればLINEで報告した後に直接話す場を設けることが多いようです。

また、世代間でも受け取り方は異なるので、「大事なことをLINE(メール)で?」と不快に思う親族などがいるかもしれません。年配の方には電話やハガキ、対面をおすすめします。

手軽にSNS派

tficon
出典元:http://webkikaku.co.jp/staff/freematerial/tficon/

最近増えているのはSNS(主にFacebook)での報告です。一度に多くの人に報告が出来るのは楽ですよね。

気を付けたいのは、大切な人へは先に報告しておくことです。

親しいと思っていた友人の結婚をSNSで知り、それ以来疎遠になったという人もいるようなので注意が必要。

多くの人が見ることが出来るSNSで初めて結婚の報告を受けると、自分もその他大勢と同じ扱いだったんだな~と感じてしまうこともあるようです。

大切な人ほど早めに、また個人的に報告をするのが良いでしょう。

SNSで伝える際は、多くの人が見るのであまり舞い上がった文章にしない方が無難です。

ハガキ派

wm030
出典元:http://www.aru.gr.jp/married/detail.php?product_id=3199

きちんとお伝えしたいという相手の場合はハガキが丁寧でしょう。遠い親族などに最適な手段です。

暑中見舞いや年賀状の時期に被せて送ったり、結婚式に呼ばない相手に対しては挙式後にドレス写真で報告する方も多いようです。

伝えるタイミングは?

wm030

結婚式に出席してもらいたいと思っている相手には、結婚式を挙げる約半年前から招待状を送る3ヶ月前には伝えたいところ。

ただし身内に不幸があったり、恋人などと別れたばかりの人には時期を配慮して少し時間を置いてからするのが良いでしょう。

式やハネムーンなどでお休みをもらうときに影響がある職場の人には、直接かつ早めに報告するのが無難です。

結婚式を挙げる予定の人は、入籍を伝えるタイミングと同時に「あなたには結婚式にも出席してもらいたい」という意志を伝えておくと後々の招待がスムーズに進むかも。

入籍と挙式の時期が離れている人は、入籍時に結婚報告をし、挙式後は来てくれた人々にお礼を兼ねた挨拶状を出すとより丁寧でしょう。

いかがでしたか?

入籍報告の仕方はさまざまですが、相手のことを思いやった報告の仕方が一番です。

伝える相手に合わせた報告法をパートナーと一緒に考えましょう♥

結婚カテゴリの最新記事