プロポーズの準備期間はどれくらい?必要なものは何?

プロポーズの準備期間はどれくらい?必要なものは何?

「プロポーズをしよう」そう決めてから、実際に男性が行動を起こすまでどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

今回は、気になるプロポーズの準備期間や、プロポーズのために必要なものについて考えてみましょう。

プロポーズを意識してからプロポーズするまでの期間

赤い糸
男性にとって、プロポーズとは一世一代の大勝負です。

結婚するということは、これから新しい家族を築いていかなくてはいけないということです。

やすやすと決心できるものではありません。

その上、もしかしたらプロポーズを受けてもらえないかもしれない。

そんな不安とも、戦わなくてはいけません。

男性がプロポーズを意識し始めるのは、付き合い始めて3年から5年が多いようです。

そして、心を決めてから実際にプロポーズをするまでに、半年から1年の時間が必要となります。

その間に、彼女に結婚の意思があるかそれとなく探りを入れてみたり、今後の人生設計を自分なりに立てて見通しはどうか検証したり、婚約指輪をどうするかを考えたりするようです。

普段結婚に対して積極的に考えていないように見える男性でも、プロポーズをしようと意識し始めたら、意外と色々な準備があるようです。

プロポーズにプレゼントは必要?

指輪
プロポーズと言えば、婚約指輪を思い浮かべる方も多いでしょう。

ですが、最近は「せっかくなら気に入ったものを購入してあげたい」と、プロポーズの後に改めて二人で婚約指輪を購入しに行くケースが多いとか。

その場合、プロポーズ当日にはどうするかと言うと、記憶に残るプロポーズにしたいと花束をプレゼントしたり、ちょっとしたものでも形として記念に残したいと、ネックレスなどのアクセサリーを贈る男性もいるようです。

とはいえ、プロポーズに必ず何か贈り物が必要というわけではありません。

プロポーズを成功に導く作戦を練る

スマホを持つ男性
男性がプロポーズをしようと決意したら、彼女がどのようなプロポーズを望んでいるかをリサーチし、日常のなかでさり気なく伝えるか、ホテルでの食事やクルージングなどをしながら、ドラマティックにプロポーズするか、男性は熟慮を重ねています。

日にちを決めるのも難しさがあり、記念日や誕生日に合わせるか、なんでもない普通の一日にその日を持ってくるか、意外と迷うものです。

最適な場所選びや、記念に残る日を選ぶというのも、プロポーズに必要な準備と言えるでしょう。

最近は、男性も女性も同様に働くようになり「男性が女性を養う」という意識は薄らいできました。

それでも、結婚は男性がメインで動いてほしいと女性は思っている部分があります。

ささやかな女性の願い、ぜひ叶えてあげてください。

結婚カテゴリの最新記事