エピソード紹介♡172回の逆プロポーズ

エピソード紹介♡172回の逆プロポーズ

エピソード紹介♡172回の逆プロポーズ

「あさひさん!結婚してくださいっ!」

今日の私は完璧だ。 白ニットにふわふわのミニスカート、ニーハイブーツにゆる巻MIX! いつもより少し濃いめのチークに、うるツヤリップ。

そして極めつけの上目遣い!!!

「…ご、ごめんね。」

困ったように頭を掻きながら、視線を伏せた。…私の大好きな彼。

「い、いいんです!分かってましたし。

とりあえず、お仕事行ってきますね!また夜に!」

…プロポーズは失敗に終わった。今日も。

 

26歳、アパレル企業勤務。お世辞にもホワイトとは言えないけど、 毎日楽しくやり甲斐を感じながら働けている点では、感謝している。

そしてさっきの彼はあさひさん。29歳。IT企業勤務で私の彼氏歴4年。

通勤電車の中で一目ぼれして、ストーカー顔負けのアタックで やっと成就したこの恋。

すきですきで大好きで、押しかける形で同棲をスタートした。

そしたらもう、次は結婚しかないでしょ?

あさひさんとはやく同じ名前になりたくてほぼ毎日プロポーズを重ねる事、172回。

…こればかりはさすがに、今までのようにはいかないようだ。

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s[1]

「ふぅ~…。遅刻ギリだったわ~。」

鞄を放り投げ、椅子にドカッと腰かけた。
( なんであさひさんは結婚してくれないんだろ。 )

考えても考えても答えが出ない。あんなに仲良しなのに、ラブラブなのに。
結婚に関してだけは、絶対に首を縦に振らないあさひさん。

「ちょっと。もしかして今日も失敗?逆プロポーズ。」

回転椅子で突撃してきたのは同僚の真美ちゃん。
いつもあさひさんのとのことを相談している、職場唯一の友達。

「う~ん、困らせちゃったよ。だから次はセクシー路線でいこうかと…」

( そう。きっとあさひさんは可愛い系の女の子は好みじゃないんだな。)

そんな私の独り言を聞きながら、真美ちゃんは大きなため息をついて、 私の肩をぽんぽんと叩きながら諭すように話し始めた。

「あんたさ…可愛げのないところがだめなんじゃない?  おっとりあさひさんでも、ガッツく女は嫌いなんでしょ。」

同情するような、蔑むような、そんな目で私をみる。

その後も今晩飲みに行こうとか奢りがどうとか聞こえたけど、 真美ちゃんの言った「嫌い」の一言が頭にこびりついて離れなかった。

c22d85ff42542b16c7d2363fcf8aa1c0_s[1]

「…ただいま~、あ!あさひさん!」
「お!お帰り。飯、できてるよ」

私のエプロンを雑に巻いたあさひさんが、お玉片手に出迎えてくれた。
( 嫌い、か。どうせ真美ちゃんの持論だし、関係ないよね。)

先に着替えなさいと急かされて寝室に入ると、綺麗に畳まれたタオルがあった。 あさひさんのこういうマメなとこ、やっぱりすきだな。

リビングに戻ると、空腹を刺激する匂いとあさひさんの笑顔が待っていた。

味の安定しない味噌汁と、あさひさん好みの柔らかめごはん。 こんな風に私より帰りが早い日は、いつも夕飯を準備して待っていてくれる。
いつまでも、こんな日常が続いてほしいから、だからあさひさんと結婚したかったんだ。

うまいうまいと幸せそうに頬張るあさひさんを見ていたら、こっちまで幸せになるよ。

…うん。結婚なんて、いいや。 だって、あさひさんに嫌われたくないもん。

嫌われるくらいなら、このままでいい。

この ≪ 日常 ≫ が続くなら、それが幸せだ。

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s[1]

あれから2か月が経った。あさひさんとの仲は良好だし、プロポーズ大作戦がなくなったおかげか仕事も順調だ。

きっとこれから先も、私たちの関係は変わらない。つかず離れず。でもそれでいい。

階段をひとつとばしで上る。このドアの向こうにある、いつもと変わらない私たちの ≪ 日常 ≫。

 

「あさひさんっ、ただいまです!」

「おう、おかえり。ちょっとさ、ここ座れ。話がある。」

( え?『おかえり、飯できてるぞ』じゃないの? )

机の上には小さい箱がひとつ。 あとは少し落ち着きのないあさひさん。

鞄を置いていそいそとリビングに入ると、ソファの上に腰かけていたあさひさんが、隣においでと腰をずらした。 時計の秒針と蛇口から落ちる水滴の音だけが、静かな部屋に響く。

そして、今にも消えそうなあさひさんが口を開いた。

「この2カ月、あまりにも静かだったからさ、正直驚いたよ。」

手で口を覆いながら話すあさひさんの目は、少しだけ苦しそうに感じた。

「正直、怖かったんだ。結婚とか、考えないといけない年なのはわかってたんだけど。  お前の一生を背負う、覚悟ができてなかったから。」

「待たせて、ごめんな」

あさひさんが小箱を手に取り、私に向けてゆっくりと開いた。

箱の中には小さなリングがひとつ、見惚れる間もなくあさひさんの手に渡り、私の左薬指におさまった。

image01
参照:http://trend-ring.com/column/01/

「結婚しよう、今度こそ。」

なんだそれ、ばかやろー。

このままでいいなんて、日常が幸せだなんて、自分を納得させようと、押さえつけてただけで。

やっぱり嬉しいよ、あさひさん。

私を抱きしめてくれるこの太い腕も、大きくて厚い背中も、やっと私のものなんだ。

全部全部、わたしのものなんだ。

172回のプロポーズがやっと報われたこの日から、私たちの日常は変わっていく。

結婚カテゴリの最新記事