エピソード紹介♡年上の幼馴染から思い出の河原でプロポーズ♡

エピソード紹介♡年上の幼馴染から思い出の河原でプロポーズ♡

エピソード紹介♡年上の幼馴染から思い出の河原でプロポーズ♡

生まれた時から家族ぐるみで付き合いのあったお隣さん家族に、五歳年上のお兄さんが居ました。

小さい頃は遊んで欲しくて、その人の後ろをいつも着いて回っていました。

私が中学に上がる頃には、お兄さんは高校を卒業する頃で大学進学の為に勉強に打ち込んでいました。

まだ受験の大変さを知らなかった私は、遊べない事に寂しさを覚えましたが、真剣に勉強をしている姿を見て邪魔をしないようにとしているうちに自然と距離が出
来ていきました。

そしてそのまま私が高校を卒業するまであまり話をする機会も持てず、時間だけが過ぎていきました。

彼は社会人になり、私は大学進学をせずそのまま就職。

就職をして暫くした頃、仕事が終わった帰り道、偶然彼と鉢合わせしました。

会う事が全く無くなっていたのでお互いすれ違いそうになりつつ、私の方がすぐに彼だと気付いて声をかけたんです。

2c2a416f017696ee717917468e067fdc_s[1]

「…もしかして、〇〇君?」
「え?……あれ!?〇〇〇ちゃん?!」
「久しぶり!!やっぱり〇〇君だったー!一瞬誰かわかんなかったよ~、もうすっかりサラリーマンだね」
「そういう〇〇〇ちゃんこそ、すっかり……うん、すっかり綺麗になったね」

まさかの反応にびっくりして恥ずかしくなってしまいました。

彼の明るくて優しい声や表情を久しぶりに見た事もあるし、綺麗になったといわれた事も相俟って耳まで真っ赤になっていたでしょう。

その日はお互いに時間が空いているという事で、一旦帰宅して着替えてから彼の実家で食事を頂く事になり、明け方まで思い出話をしました。

そこから徐々に連絡を取り合うようになり、週末は一緒に過ごすようになりました。

大人になった彼を見て恋心が芽生えるのに時間は掛からず、思い切って告白をしたところ、なんと彼も同じ気持ちだったのです!

小さな頃からお互いの事を知っていましたし、ある種兄妹のように育ちましたが、離れていた期間が長かった事もあり新鮮な気持ちでお付き合いを開始する事が出来ました。

順調にお互いのペースでお付き合いを進めていき三年程経った頃、彼からピクニックに行こうというデートのお誘いが来ました。

当日は天気も快晴で雲一つないピクニック日和で、更に嬉しくなったものです。

同じタイミングでそれぞれの家を出て彼の車で移動する事に。

どこに行くかは聞いて居ませんでしたが、着いてみるとそこは小さな頃一緒に遊んだ思い出の河原だったんです。

c0dfba7907295d24ee744355f35edb7a_s[1]

「久しぶりだよねここ。誰かと来たりしてた?」

「ううん、〇〇君以外とは来た事ないよ。それに一人でも来てなかったから凄く久しぶり」

「そっか、そうだよね。あの木陰に座ろっか」

彼に手を引かれるまま、少し川辺から離れた木陰にシートを敷いて腰を下ろすと、用意していたサンドイッチを二人で食べながら、小さかった頃の話に花が咲きました。

「ここさ、〇〇〇ちゃんはあんまり来たく無い場所かもな~って結構悩んだんだよね」

「…どうして?そんな事ないよ?」

「だって、最後にここへ来た時さ…〇〇〇ちゃんあの辺りで溺れちゃっただろ?」

「……あっ、そうだったね。急に足滑らせて…覚えてたの?」

「当たり前だよ、助けたの誰だと思ってる?(笑)」

小学生の頃、お互いの家族と一緒にキャンプをしに来たのですが、川の中で足を滑らせて溺れてしまった事があったんです。

助けてくれたのは家族ではなく、近くに居た彼でした。

陸まで引き摺るように連れて行ってくれた彼の顔は今でも忘れられません。

血相を変えて、必死に私を掴まえてくれていたのです。

その時の事を思い出したのか、彼の表情が少し曇っていました。

でもすぐに思い直したのか、深呼吸をすると私の方をしっかりと見据えてこういってきたんです。
e116b59a2706cbed71f2f533872d46a0_s[1]

「あの時さ、〇〇〇ちゃんは俺が守らなきゃって思ったんだよね。あの時は兄のような気持ちでそう思ったんだと思う。でも、今は違う意味で守りたいんだ。
俺と、結婚してくれないかな。」

一瞬ポカーンとしてしまいましたが、胸が熱くなるようなプロポーズに自然と涙が溢れました。

涙を拭いながら必死に頷いていると、彼が力強く抱き寄せてくれたんです。

兄のように思っていた人が、何よりも大切な人になっていっただけではなく、まさか生涯傍に居てもらえる存在になるだなんて…。

小さかった頃の私に、『その人は将来旦那さんになる人なんだよ』って教えたくなってしまいました。

結婚カテゴリの最新記事