お家デート♡同棲中に恋人と観たい映画5選~ホラー洋画編~

お家デート♡同棲中に恋人と観たい映画5選~ホラー洋画編~

こんにちは、『todoke』編集部です。
家から出るのは面倒くさいけど、恋人と充実した時間を過ごしたい。
そんなときオススメするのはずばり映画!たった2時間で最高の体験を与えてくれるでしょう。
今回は同棲中に恋人と観るべき本当に怖い恐怖映画をセレクトしました。
二人のドキドキが距離をますます縮めてくれる、ホラー洋画編スタート!

お家デート♡同棲中に恋人と観たい映画5選~ホラー洋画編~

1.シックス・センス

ダウンロード
出典:Amazon

出演: ハーレイ・ジョエル・オスメント, ブルース・ウィリス, トニ・コレット
監督: M・ナイト・シャマラン

計算されたエピソード、そして最後のどんでん返しで繰り返し観ずにはいられなくなる作品。
主役のハーレイ君の表情が、とてもいい味を出してくれています。

あらすじ

小児精神科医マルコム・クロウは、診ていた患者から撃たれてリハビリ生活を送ることに。そして復帰した彼が最初に診ることになった患者は、8歳のコール少年。彼には「第6感」、つまり死者を見る能力があった。
出典:Amazon

85349view012
出典:ゲームしようぜ!

描写も怖いんですが、なにより音楽が。ヘッドホンをしていたのでなおさら迫力があって、BGMの音量が上がってきて「くるぞ・・・くるぞ・・・・ギャー!」という展開が多々。
とはいえこの映画、一応はホラー映画なのですが、実際はちょっと違う。
人の心の動きを繊細に伝えてくれるヒューマンドラマ的な要素が強いです。
出典:ゲームしようぜ!

「まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」という前置きから始まり、秘密がバレないように計算しつくされたエピソード、丁寧に丁寧に作られた場面の数々に、観客はすっかり勘違いしたまま物語はどんどん進んでいきます。そして衝撃のラスト!あまりの驚きに、もう一度見ようとリピーターが続出したというのも頷けます。本当に、驚くほどよくできた作品なのです。
出典:おすすめ映画レビューと私的感想・ランキング

恐怖映画なのですが、同時に涙なしにはいられない、心動かす良作。
もちろん恐怖度合いも高いので、震えたい方にもオススメです。

2.シャイニング

出演: ジャック・ニコルソン, シェリー・デュバル, ダニー・ロイド
監督: スタンリー・キューブリック

木の割れ目から男性が顔をのぞかせるこの画像、あまりにも有名ですよね。
ホラー小説の巨才であるスティーブン・キングが原作であるだけで期待ものの超有名作品。

あらすじ

スティーブン・キング原作のホラー小説を、鬼才キューブリック監督が映画化した問題作。雪に閉ざされたロッキー山上の大ホテルに、管理人としてやって来た小説家とその家族。しかしそのホテルには、前任者が家族を殺し、自殺するという呪われた過去があった…。
出典:Amazon

Shining_twins
出典元:『シャイニング』恐怖度NO.1でも説明不足

感想

恐怖映画の恐怖を描く部分が映画内のフィクションだと分かっても、直線的に観ていった場合と同様、恐怖の対象になるのは、超常現象ではなく人間の凶暴性にある点が、「シャイニング」の見事なところです。個々のエピソードに対する感じ方、ラストの解釈が変わるわけではありません。新たな戦慄が1つ加わるだけです。
出典:脳に焼きつく映画

ホラーが嫌いな人はともかく、好きな人は一見の価値アリ。最近の映画では味わえない、『気持ちの悪い恐怖』を存分に味わえること請け合いです。
出典:つまり、何かあると跡が残るものだ

もちろん幽霊も怖いのですが、人の狂気には勝らないのではと思わされます。
ましてやそれが、身近な人間の狂気だった時は、逃げ場がありません。
一緒に映画を観ている人の精神状態を一瞬不安に思ってしまうような、そんな話題作。

3.ミザリー

出演: キャシー・ベイツ,ジェームズ・カーン
監督: ロブ・ライナー

「シャイニング」と同様、大ヒットを生むスティーブン・キングが原作であるこちらの作品。
主演のキャシー・ベイツが演じる看護師の、アカデミー主演女優賞を受賞した迫力の演技も見どころ。

あらすじ

「ミザリー」シリーズで有名な人気作家ポールは雪道で事故に遭い、瀕死の状態を元看護婦のアニーに救われる。ポールの小説の熱狂的愛読者だった彼女は、彼を手厚く介護する。だが、新作「ミザリーの娘」でヒロインが死んだことを知り逆上した彼女はポールに心理的・肉体的拷問を加え始める……。
出典:Amazon

c0027929_21374650
出典元:スライディング・ヘディングシュート2

感想

ミザリーを何度も見たり、何度もブログに書くのはたぶん私がこの映画を、最高におぞましくて最高に歪んでて最高に美しいラブストーリーだと勝手に思っているからだと思います。
出典:スライディング・ヘディングシュート2

深い雪で外界と隔絶された舞台、重傷で思うように動けない主人公、主人公を監禁するアニーの異常性、舞台設定だけで十分に怖い要素は揃っています。(中略)精神状態が不安定で、愛らしく優しい表情と冷徹な殺人鬼の表情が同居するアニーは、他のホラー映画ではなかなか感じることの出来ない寒気を催すようなじわじわした恐怖を感じさせます。
出典:芦屋人

主人公の次々と希望が打ち砕かれていく絶望感や恐怖心が迫力の演技で伝わってきて、観る人をも地獄に落とします。
映像を見ながら思わず叫んでしまうこと間違いなし。

4.羊たちの沈黙51Rce9nLT5L
出典:Amazon

出演: ジョディ・フォスター, アンソニー・ホプキンス, スコット・グレン, テッド・レビン
監督: ジョナサン・デミ

言わずと知れた名作。
「レクター博士」の名前だけでも聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士とジョディ・フォスター演じるクラリスの心理戦が見せ場です。

あらすじ

女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?
出典:Amazon

t02200129_0455026710570732326
出典:くずひろ

レクターとクラリスが初めて対峙するシーン。相手は独房の中にいるのに油断できない安心できないあの緊張感。最高。
引用元:coco

ハンニバル・レクター博士を演じた、アンソニー・ポプキンスに感服しました。
うまく言えないが無表情という、表情作りがここまで印象に残ったのは初めてだ!!サイコパスな殺人鬼な訳だが、医者であるからさらに怖い。彼の質問を無視することができるのだろうか?あの眼差しで、心を見透かされたように投げかける質問に。。。
引用元:映画.com

かなり強烈な映像・描写が出てくるので、食事の前には観ない方が良いでしょう。
グロいシーンを差し引いても面白いので、必見です。

5.CUBE
41XF40APFXL
出典:Amazon

出演: モーリス・ディーン・ウィント
監督: ビンチェンゾ・ナタリ

最初に提示される職業や第一印象だけで人は測れないな、というのがこの映画を観た最初の感想。
映像的な面はさることながら、精神的にもズイズイと追い詰められていくその状況を楽しめる自信のある方は是非観てください。
文字通り、命がけの脱出ゲームです。

あらすじ

立方体の部屋へ閉じ込められた職業も性格も違う6人の男女が、死と隣り合わせの脱出劇を繰り広げるビンチェンゾ・ナタリ監督、脚本による大ヒットサスペンス。
引用:Amazon

84330view001
出典:Yahoo!映画

この作品は、ひとつの立方体のセットのみで行われ、部屋の色やトラップの有無で、多くの部屋があるように見せています。他にはCGを使い、出演者も最初にトラップにかかった一人の男性を含め7人だけなので、低予算で作ることができた映画なのです。しかし、独特の撮影方法や様々なトラップ、暴力的になって追いかけてくるクエンティンから逃げなければならないため、見ている側も閉塞感を感じつつ、楽しめるのです。
引用元:MIHOシネマ

 部屋には前後左右上下に6か所のハッチ(小さい扉)が付いている。そのハッチを開けると隣の部屋にも同じ形状の部屋があり、やはり6つのハッチが付いている。さらに部屋にはトラップがあり、うかつに進むと命を失うようだ・・・。
果たして、出口はあるのか…。極限状態における人間の精神状態と独特のCUBEというシチュエーション。新しいスリラーのジャンルを確立した作品。
評判通りの面白い映画だ。
引用元:映画レビュー集

いかがでしたか?
是非、一度は観る価値のある名作ホラー洋画をご紹介しました。
次回は同棲中に恋人と観たいホラー映画、邦画編をお届けします♥

関連記事:

お家デート♡同棲中に恋人と観たい映画5選~恋愛邦画編~
お家デート♡同棲中に恋人と観たい映画4選~恋愛洋画編~
お家デート♡同棲中に恋人と観たい映画5選~ホラー邦画編~

 

恋愛カテゴリの最新記事