どうしても脂肪がとれない箇所の最終手段

どうしても脂肪がとれない箇所の最終手段

二の腕や背中のぷよぷよ贅肉は、筋トレやエクササイズをやっても落ちにくい箇所です。

最終手段としてブライダル美容医療に頼ってみてはいかがでしょうか?

ダイエットやエステ、筋トレまでやっても脂肪が落ちないのが二の腕や背中、脇下の脂肪です。

一生に一度の晴れ舞台でぷよぷよはみ肉のままドレスは着たくないですね。

最終手段として美容医療に相談してみてはいかがでしょうか?

巷で流行っている脂肪吸引は手術方法が進歩していて、最近では、切らなくてもいい手術方法もあります。

脂肪吸引の内容についてと、美容医療クリニックの選び方をご紹介しましょう。

脂肪吸引とは?

顔抑える女性

体の気になる部分の脂肪を吸引管を挿入して吸引してしまうことです。

最近では皮膚の切開箇所が小さくなり傷跡も目立つことなく、体への負担も軽くなっています。

この吸引式が従来の方法です。

もう一つ新たな脂肪吸引方法が取り入れられています。

皮膚を切らずに手術する方法です。

従来の方法よりもさらに体の負担が少なく、術後すぐに、普段の生活がおくれます。

切る手術か切らない手術かになるかは、体の部分や脂肪のつき具合によって異なります。

切らない手術方法

皮膚の切開をしなくていい脂肪を取り除く手術方法って、どのようなものでしょうか?

メソセラピーという、注射で脂肪溶解剤を注入し、体内で脂肪を分解し排出させる方法や、瘦身器を使って外から刺激を与えて脂肪を分解するものがあります。

メソセラピーは注射を打つだけなので施術時間もわずか5-10分程度です。

この方法は通院ですみますが、数回の施術が必要となります。

目安はだいたい5回程度です。

注射後は患部をマッサージして脂肪の分解を促します。

クリニックによっては全て切らない方法で施術をしているところがあります。

しかし、体の部分で脂肪の付きかげんで、吸引をするか、切らない手術にするかは、クリニックのカウンセラーと相談することが大事です。

脂肪吸引のクリニックを選ぶ時の注意点

お医者様アドバイス

脂肪吸引の施術は医師の高度なテクニックがあるところを選びましょう。

失敗すると肌に凹凸ができたり、たるみや傷跡がのこットありすることがあります。

過去の症例を見せてもらう

脂肪吸引はどの角度からみても自然な仕上がりの美しさが重要です。

ドクターの技術がどのくらいあるのかは、HPなどの症例写真を細かくチェックすることが大切です。

カウンセラーから施術、アフターにいたるまで同じドクターが担当するクリニックを選ぶようにしましょう。

体に負担のかからない手術

脂肪吸引をするとダウンタイム時期が結構辛いです。

従来の管を挿入して脂肪を吸引する手術は、痛みや内出血がおさまるまでに人によりますが、数ヶ月かかると思っていてください。

また、失敗した時のリスクが大きいことから、クリニック選びは慎重に行いましょう。

最近では、手術をしなくていい脂肪吸引の瘦身器もたくさんあるので、クリニックでのカウンセリングでしっかりどちらにしたほうが効果が上がりやすいかを相談してください。

最新の瘦身器

手を合わせる女性

最新の瘦身器ほど効果がでやすいです。 クリニックをチェックするときに、どのような器械が入っているのかをチェックしましょう。

こんなクリニックは要注意!

カウンセリングしてその日に施術するクリニックやじっくりカウンセリングせずに直ぐ手術をすすめるドクター、カウンセリングと執刀医が変わるクリニック、その他クリニックの衛生面が悪かったり、HPの料金と提示された料金が異なるクリニックなどは要注意です。

恋活カテゴリの最新記事