同棲の前に知りたい5つのこと 恋人の家族や友人との付き合い方

同棲の前に知りたい5つのこと 恋人の家族や友人との付き合い方

同棲の負の側面に向き合っていく

今回のテーマは『パートナーの家族・友人との付き合い方』について。

同棲を開始するにあたって、相手方の家族や友人との付き合い方はどのように進めていくべきかは気になるところですよね。

今回はマナーなどを含め、どのように良い関係性を形成していったらいいのかについて一緒に考えていきましょう。

同棲中の相手の家族・友人との付き合い方って?

家族編

同棲前の親への挨拶って必要?

ここを抜かして同棲を開始する方もいらっしゃると思いますが、お相手の家族が極端に変わった人であったり、遠方にお住まいでない限りは、極力マナーとして挨拶はしておいた方がいいでしょう。

結婚するわけじゃないのに挨拶なんてする必要あるの?

と思われる方、仮に結婚に至った場合、事前の挨拶をしていないとそれなりに気まずいです。

マナーを気にする親御さんなら尚更気を使いたいところですよね。

親御さんの同意を得ていれば気兼ねなく同棲をスタート出来ますし、何かするにあたって協力してもらえたりするなど、良いことがあるので挨拶は是非済ませておきましょう。

ただ全く面識がない場合は、何回か伺ってから同棲のご挨拶をするか、パートナーに事前説明をきちんとしてもらってから伺うのが無難です。

伺う時はそれなりに身だしなみを整えて、リサーチしてから好きそうな手土産を持参し、『数年後結婚することを前提に同棲したい』という形でご挨拶しましょう。

また、双方の親に挨拶する時は女性側の親を優先し挨拶を済ませましょう

男性側の親に先に挨拶をすると、「こちらはいいけどお嬢さんのご両親が心配するのでは・・」と懸念するものです。

挨拶後の付き合い方

同棲の許可が無事に下り、いざ同居がスタート!

その後何も音沙汰ないと、どんな感じなのかと気になる親御さんもいるでしょう。

理想を言えば定期的に実家に二人で訪れたいところですが、それが難しければたまにパートナーから「上手くやっているよ」という旨の連絡を入れてもらいましょう。

結婚前提ならば、積極的に母の日や父の日には贈り物をしたいところですし、お中元・お歳暮などに気を遣う家であればそれに沿うのが無難です。

良好な関係を継続して築いていけるよう工夫をしていきましょう。

友人編

たそがれる女性

部屋に友人を呼ぶときは必ずパートナーに共有をしよう

喧嘩のタネになりやすいのが、相手方の友人を家に呼ぶときの話。

共同生活をする以上、休日お互いがどう過ごすのかは共有しておくべきですし、友人を家に呼ぶ場合は必ず事前に伝えておきましょう。

部屋の掃除やお菓子の準備もありますし、友人を紹介する場合、女性は特に身だしなみを気にするので一週間前には報告しておきたいところです。

家にいるならお客さんには挨拶しよう

自分の知らないパートナーの友人が来るときは、部屋にこもらず出来るだけ挨拶しましょう。

その方がお互い物音などに気を遣いすぎず心象も良いですし、パートナーに何かあったとき相談できる関係性を築くチャンスです。

泊まりの場合は配慮を

泊まりになると夜の騒音の元になりますし、翌朝の対応などに気を遣うことになるので必ずパートナーの了承を取りましょう。

自分が友人を呼ぶ場合はいいかもしれませんが、パートナーからすると他人が朝まで部屋にいることはそれなりのストレスになり得ます。

特に女性の場合、化粧を落とすかどうかやパジャマに着替えるかどうかを悩んでしまうところなので、配慮しましょう。

掃除やお菓子の用意は出来るだけ各自で

基本的には友人を家に呼ぶ側が準備や後片付けをしましょう。

呼ばない側が気を遣って準備や片づけをしているのに、任せっきりだと「なんであんたの友達なのに私が毎回準備してんの?」と喧嘩になりがち。

やってもらった場合は、きちんとお礼をするのを忘れずに!

毎週末家にいないのは喧嘩の元かも

せっかく同棲したのに、パートナーが友人と出歩いていて毎週末一人ぼっち・・。

これではあまり同棲した意味がなくなってしまいますよね。

パートナー次第ですが、二人だけの時間を疎かにしないようにしましょう。

同棲すると、相手方の家族や友人との付き合いも発生してきます。

その時に、その後の恋人との関係を良いものに変えていけるように、出来るだけ好ましい対応をしていけるといいですよね。

今まで5回に渡って同棲前に知っておきたいことを記事にしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

何かヒントになっていれば幸いです。

同棲を、素敵なものにしていけるよう応援しております♪

恋愛カテゴリの最新記事