マジかぁ・・・同棲して気づいた彼氏の本性4つ!

マジかぁ・・・同棲して気づいた彼氏の本性4つ!

今回は恋愛・同棲・入籍周りのコラムをご紹介しています。

大好きな彼と同棲!でもいざ生活を共にすると、今まで想像もしていなかった彼の本当の姿を目にしますよね。

今回は「同棲して初めて気づいた彼氏のリアルな本性」を、エピソードを交えてご紹介します。

マジかぁ・・・同棲して気付いた彼氏の本性4選

1:体を壊すような「偏食」

たこ焼き

付き合っていた頃は、よく美味しいお店に連れて行ってくれた彼。結婚前提で同棲してみると、料理はできないどころか、好き嫌いは多い、とにかく自宅ではカップラーメンとお菓子が主食なことが発覚!

そんな彼ですが、私の料理は美味しいと言ってくれます。

身体の事も気になるので、少しづつ「好き嫌い克服メニュー」を考え、一緒に偏食を治しています。なんで付き合っているときに気付けなかったのか不思議です。(女性/28歳/IT事務)

一緒に住むことになるとまず目の当たりにすることになるのが「食の問題」ですね。

料理は作れるのか、作ってくれるのか、嫌いなものはなんなのか。そのあたりを嫌でも理解しなければなりません。

同棲する前に、ご飯は自宅で食べるのか、自宅で食べる場合は誰がメインで料理をするのかを話し合っておきましょう。

また、相手によっては嫌いなものを絶対に献立に入れないで欲しいというワガママな人もいます。

知らずに同棲を開始すると、筆者のように海鮮物をめったに食べられない生活に追い込まれる可能性があるのでご注意。

2:ママだいちゅき・・「マザコン」

おじいさんおばあさん

大人で寡黙な彼に私からアプローチし、交際後すぐに同棲を始めました。同棲して数か月がたったある日、帰宅すると妙な違和感。私の仕事が休みの日、彼が珍しくケータイを忘れて出勤しました。

その間ケータイに何度も着信があり、あまりのしつこさについ発信者を見ると、彼の母親からの電話でした。後日彼にそれとなく聞いてみると、実は自分の行動を逐一、母親にメールで報告している事が発覚。

しかも、私だけ出かけた日は、母親が私たちの家にご飯を届けに来ていたことも分かりました。

母親を大事にしている人は素敵だけど、私に内緒にしていたことがどうしても引っ掛かり、結局彼とは別れてしまいました。(女性/31歳/メーカー)

結婚を前提とする同棲なら、なおさら「マザコン」かどうかはその後に関わる大事な要素ですよね。

母親を大事にしていることと「マザコン」は何が違うのかという論争が起こりがちですが、真のマザコンとは母親と共依存関係にある状態の人だと筆者は思っています。

3:綺麗好きどころか「潔癖症」

落ち込む男

仕事の都合で同棲を始める新居には、私が彼より一ヶ月早く入居していました。

やっと楽しみにしていた彼の引っ越しの当日、彼は大量の粘着カーペットクリーナーとアルコールスプレーと共に引っ越してきました(笑)。

せわしなく壁や床すべてにコロコロとクリーナーをかけ、ベッドやクローゼット、私の服にも除菌スプレーを吹きかけ、やっと落ち着いた彼。今でも最新の掃除用品を買ってきては掃除しています。

重度の潔癖症にはじめはビックリしましたが、彼のおかげで、部屋は毎日ピカピカです。ある意味ラッキー(笑)。(女性/27歳/サービス)

この方の場合は「ラッキー」で済んでいますが、相手に極端に清潔でいることを強要してくるレベルになると困りものですよね。

一方、「不潔すぎる」という本性も同棲で暴かれがちですが、どちらがマシでしょうか?何事もほどほどが一番ですが、二人の価値観に依るところなので難しいのです。

4:倹約家?いやいや、「どケチ」!

お金

学生時代から付き合っていた私たちは、就職しても当たり前のようにデート代は割り勘。そんな彼と結婚前提で同棲を開始しました。

新しく口座を作り、お財布も1つに。それからというもの、生活費は制限され、外食も減りました。

トイレットペーパーも一回の量を決められ、トイレは必ずお風呂の残り湯で流し、使ったお金は全て家計簿に記載。

交際費やヘアサロン等で多めに出費があればネチネチと嫌味を言われ・・・限度を超えた節約に疲れきり、別れてしまいました。

付き合っている時点ではここまでの金銭感覚の持ち主だとは分からず、同棲をして初めて予想していなかった彼の本性を見ました。(女性/27歳/建築)

浪費家も困りますが、極端な倹約家にも頭を抱えます。金銭感覚が合うかを知るのは同棲・結婚生活を進める上で不可欠ですよね。

そしてお金の喧嘩は別れにまで発展する大きな火種となり得ます。この方の場合、入籍前に分かってある意味良かったのかもしれません。

いかがでしたか?同棲したとたんに、彼の素顔を見てしまいビックリ。なんてことはよくある事のようですね。

素顔もひっくるめて相手の全てを好きになれるかどうかが、同棲生活の大きなテーマなのかも知れません。

恋愛カテゴリの最新記事