同棲中の恋人と何で喧嘩した?喧嘩の原因となるもの6選

同棲中の恋人と何で喧嘩した?喧嘩の原因となるもの6選

同棲中、毎日大好きな彼と一緒にいれるのは幸せですよね。

でも毎日顔を合わせるからこそ、相手の悪いところも見えてきてしまうもの。

喧嘩が増えてしまったというお悩みもよく耳にします。

そこで今回はありがちな「同棲中の喧嘩の原因」をまとめてみました!

同棲中の恋人と何で喧嘩した?喧嘩の原因となるもの6選

1.食の好みの違い

カレースパイス
Taken / Pixabay

私の作った煮物に、彼が無断で調味料を足していた事を指摘すると、普段から私の味付けに不満を持っていた事を告白。

これが原因で喧嘩スタート。挙句の果てにはお互いの実家の味を否定する議論になってしまいました。

こうなる前によくよく好みを聞き出しておけば良かったと後悔です。(女性/26歳/事務)

同棲をして徐々に慣れてくると、恋人の反応を見ながら作ってもらった料理に調味料を足す・・ありがちな話です。

慣れ親しんだ仲なら良いのですが、同棲初期の段階でこれをやられると傷ついてしまう女性(男性)が多いのでは。

指摘するなら「濃いめだともっと美味しくなるかも♡」などオブラートに包んで料理の味を指摘しましょう。

2.家事分担の割合・やり方

この問題はあらかじめ家事分担を決めておけば未然に防げますが、疲れているのに代わってくれないとか、実家のやり方と違うなどと相手のやり方に口をはさむと喧嘩の元です。

昨今は「家事ハラ」という言葉も登場している通り、家事を普段しない人のやり方に逐一注文をつけたり、全てやり直したりするというのが問題視されていますね。

家事で喧嘩になるくらいなら、家電を買ってお金で解決したいところです。

3.使用したものを元の場所に戻さない

毎日片づけているのに、部屋がきれいにならないのは・・・片づける傍から散らかしているコイツのせいだぁ!こちらもありがちな喧嘩パターン。

醤油を使っても机の上に出しっぱなし

使用済ティッシュをそのまま置き去りにしたり、開いた段ボールを潰さずに放置・・。

これはもう一方が綺麗好きなら気が気でありません。

その時、散らかした側の言い分はこちら。

「後で片づけようと思ってた。」

一人暮らしではないのだから、ある程度はパートナーに配慮したいところです。

4.生活時間帯のズレ

時計

一つの寝室で寝るとなると、お互いの生活時間のズレは案外気になるもの。

帰宅時間が遅くもう一方が電気の光で起きてしまうとか、休日夕方まで寝ていて遊べないなど・・・。

一人暮らしにはない窮屈さを感じ、些細な事が喧嘩の原因になります。

ここはとても繊細な問題で、なかなか容易変えられるものではないので難しいところですよね。

5.金銭問題

札束

同棲を始める時にあらかじめ何を誰が支払うのか決め、生活費の折半の方法など、二人が納得するように事前に決めておくと喧嘩防止に。

しかし、馴れ合いというのは怖いもので、「今月苦しいから」などと言って一時的な貸し借りをすると、それが喧嘩もしくは破局の原因になりかねません!

揉めると怖いお金の話はこちらの記事をご参考ください。

6.スキンシップ

喧嘩する夫婦

同棲すると良くも悪くも安定し、スキンシップが減ってしまうカップルが多いですよね。

スキンシップが減った事で喧嘩できるうちはまだ良い方で、話題に出来ない状態になってくると、破局してしまう可能性も出てくる重大な問題です。

そうなる前に、話し合うことが大事。

いかがでしたでしょうか?

些細な喧嘩ネタからヘビーなものまでありますが、同棲に喧嘩はつきもの。

だって全くの他人同士が共同生活を始めるのですから。

たくさん喧嘩した後はちゃんと意見をすり合わせて、長く続く信頼関係を築いていってくださいね♡

恋愛カテゴリの最新記事