自分の婚活市場価値を考える時に大事にしたい5つのポイント

自分の婚活市場価値を考える時に大事にしたい5つのポイント

自分の婚活市場ちゃんと見極めてる?

ここ数年で男女共に婚活をする人が急増しました。

それに伴って婚活市場も幅を広げお見合いだけでなく、婚活パーティや街コンは今では毎日のように開催されています。

婚活で成功する人の特徴として共通しているのは、「自分の市場価値を把握しているかどうか」。

婚活市場で自分の価値や立ち位置を考えるときに参考にしたいポイントをご紹介します。

【やはり男性は若さに弱い】

健康な足

晩婚化した現在でも、やっぱり男性は若い女性を理想としています。

これから結婚し、子供を出産することを考えても若い奥さんを希望するようです。

35歳が高齢出産のボーダーラインですが、35歳の女性はまだまだ気持ちも体も若いと自分自身でも思っている人も多いと思います。

実際、35歳の女性は仕事もバリバリとこなしとてもパワフルで昔の同年齢の女性と比べると若いと言えますよね。

しかし、今や婚活は30代からでは遅いとされています。

まだ20代の人は30代になる前に、既に30代の人はできるだけ早めに婚活をスタートするのがおすすめです。

【理想の男性に釣り合う自分になってる?】

自分磨きの女性

周りから「あなたは理想が高すぎる!」と言われる女性もいるでしょう。

じゃあ、諦めなければいけないの?と思うかもしれませんが、諦める必要はありません。

理想は高くてもいいのです。

要は自分はその理想の男性に見合う女性なのかどうかです。

嫌いな男性と我慢して結婚しても楽しい結婚生活は送れませんし、周りを羨むだけの人生になってしまいます。

だったら、自分の理想通りの人もしくは理想に近い人がいいですよね。

しかし、それにはもちろんあなた自身の努力も必要です。

相手に高スペックを求めるのであれば、あなたも高スペックにならなくてはいけないのです。

容姿だけではありません。

独立している男性なら、仕事を支えられるほどの知識は必要になるでしょう。

実際、仕事を手伝うことはしなくても高スペックの彼の話を理解できる女性でなければ男性も満足してはくれません。

嫌いな人と一緒にならなくとも、身の丈に合った人を選ぶことも大切です。

【婚活市場別に求められる価値が違う】

羽を伸ばす

結婚願望が強い女性が、合コンや出会い系サイト、街コンばかり参加しても結婚できる男性に出会う確率は低いでしょう。

大切なのは、自分は今何を希望しているかです。

結婚を最重要ポイントとして考えているのか、結婚は見据えているけど今は楽しく恋愛が出来る人と出会いたいのか。

それによって参加する市場は変わっていきます。

結婚が一番の目的なのであれば、お見合いやお見合いパーティに参加した方が同じ価値観の男性と出会えるでしょう。

とりあえず素敵な恋を始めたいのであれば、街コンや合コンの方が出会いやすいはずです。

街コンで知り合ったばかりの人に結婚の話ばかりしては引かれてしまうのがオチ。

自分の要求にマッチした婚活市場へ足を運びましょう。

【自分が求めるものは相手も求めているもの】

ここでいう”求めていること”は、容姿や収入、職業面のほか主に性格や内面の事をいいます。

相手に求める理想として、ダントツで「優しい人」がランクインされます。

しかしそれは、女性側だけでなく男性も同じこと。男性だって優しい女性と結婚したいのです。

つまり、優しくしたいと自分が思える人でなければダメだということです。

幸せにしてもらいたくて婚活をするのではなく、あなたも相手を幸せにしたいという気持ちが必要だと言うことを覚えておきましょう。

【出会いの場では節度を持って】

女友達2名

社交的な人は友人が沢山いたりと顔が広い人も多いでしょう。

それはその人の魅力でありアピールポイントですが気を付けなければいけないことがあります。

婚活に行っている間は男性はあなたの事を「女性」として意識してみているのです。

男女分け隔てなく接することが出来ても、女子会のように自分の暴露話や笑いを取るためだけのトークは控えましょう。

せっかくスタート地点から「女性」として意識してもらえる場なのですから、女性らしく振舞いいつものあなたは少しだけ抑え目に。

距離も縮まれば自ずと知ってもらえることです。自分で自分の芽を摘まないように気を付けましょう。

今ではSNSを使った出会い系サイトや街コン、お見合いパーティーなど様々なジャンルの婚活手段があります。

これを使わない手はないですよね。

そんな時、少しだけ自分の市場価値を見直してみましょう。

客観的になって考えることが大切です。

恋活カテゴリの最新記事