28~29歳は第2次結婚ラッシュ!?女性が感じる結婚ラッシュとは?

28~29歳は第2次結婚ラッシュ!?女性が感じる結婚ラッシュとは?

立て続けに同世代が結婚する「結婚ラッシュ」

女性の場合は人生に“3回”結婚ラッシュがあるってご存知でしたか?

第1次 結婚ラッシュは「24~25歳」

学生時代からの付き合いで、早くに結婚するカップルが不思議と増えるタイミングです。

この頃は「自分はまだまだ働きたいし、遊びたいし♪」と割り切って、心から友人たちを祝福できる時期だったはず。

第2次結婚ラッシュは、「28~29歳」

そして第3次の結婚ラッシュは「34~35歳」。

今回は女性が感じる結婚ラッシュについてまとめていきます。

28~29歳は二回目の駆け込み結婚ラッシュ!?その理由と婚期を逃す女子の特徴

寂しい

28~29歳は“三十路”を目の前にした結婚の駆け込みラッシュ

28~29歳で結婚ラッシュが訪れる理由は、「三十路直前の駆け込み」です。

30歳という年齢はさまざまなボーダーラインのひとつ。

特に女性の大半は「30歳までには結婚したい」と漠然とでも理想の将来を思い描いている人が多いはず。

この理由から、28~29歳の時期に結婚ラッシュがくるのでしょう。

“若さ”を求められなくなり結婚へ本気で意識し始める

仕事でもプライベートでも、“若い”という扱いはされなくなり、ある程度の経験やスキルを求められるお年頃。

そんな周りからの扱いの変化に気づき、世間の目を意識して「そろそろ…」と結婚に踏み切るのでしょう。

また出産年齢に関しても、一般的に「高齢出産」と呼ばれ、さまざまなリスクも高くなる35歳も徐々に近づいてきます。

出産を考えたとき、お付き合いしている相手がいるなら早く結婚したいと焦り始める女子が多数。

結婚したなら“行動“をしなければいけない

悩む女性

結婚を決める女子たちは、純粋に恋愛を楽しめていた頃とは違い、将来を強く意識した相手探しを始めます。

「結婚を考えていないなら付き合わない」なんて強気な交渉をする人もいるほどです。

「30歳までに結婚したい」という願望を周りに宣言し、友人に紹介を積極的に頼むなど、とにかく行動的。

彼がいる場合は、結婚を意識するように彼を誘導しています。

■“社会的に自立している” “受け身”のタイプは結婚が難しい!?

アンニュイ女性

一方で婚期を逃してしまうのは、“社会的に自立している” “奥手”のふたつのタイプ。
仕事に没頭し、まだまだ働きたい熱意があり、それだけの収入も得ている女子は独りでも生きていけてしまいます。

自分が仕事ができるので、男性に対しての理想もかなり高くなりがち。仮に出会いはあっても実らないことが多いのです…。

また、受け身なタイプも婚期を逃す場合も。

若いときは放っておいても知らずに男性はよってきたので、自分からアプローチする仕方をわかっていない女性はNG。

せっかく出会っても、基本受け身なので結婚も相手のペースなのでいつまで経っても話が進まないことも。

■そして34~35歳に再び結婚ラッシュがやってくる!?

手をつなぐふたり
30歳を過ぎたからといって結婚を諦めることはありません。

結婚ラッシュはまた到来します。

それが34~35歳。

その理由はふたつ。

ひとつには、仕事も遊びも十分満喫してきた女子たちが後回しにしていた結婚をやっと本気で考えるからです。

そしてもうひとつには、「もう後がない! 」と今まで以上に焦った女子が、結婚相手を探し勢いよく結婚していきます。

ちなみに、この時期に結婚を考える彼氏がいない女子は、ひたすら焦るばかりの人もいれば、逆に結婚をいったん諦めてしまう開き直りの境地に辿り着く人もいるようです。

いかがですか?

結婚願望があるなら、やはりその気持ちは体現していく必要がありそうです。

長い人生で考えれば、自分はまだまだ“若い”といっても通用するはず。

ですが、もっと年を重ねてから「あの頃頑張っておけばよかった…」

なんていうことにならないように、今この瞬間に全力で婚活したもの勝ちかもしれません。

結婚カテゴリの最新記事