既婚者の8割「もう一度結婚しても今の配偶者を選びたい」調査結果

既婚者の8割「もう一度結婚しても今の配偶者を選びたい」調査結果

もう一度結婚するならどんな人?
ゲストハウスウエディングを展開する『アニヴェルセル株式会社』が行った、全国の23歳から39歳までの既婚男女600名への調査

「もう一度結婚するならどんな人?」の回答の8割が「また同じ人と結婚したい」と回答した

話を伝える。男女
という調査結果になったそうです。

今まさに「マリッジブルーに陥っている」なんていう人に是非見て頂きたい幸せいっぱいな結婚後をちょっぴりのぞき見しちゃいます。

人生に「もし…」なんてありません。

結婚に関していえば、「もし、もう一度結婚できたら…」なんて現実的に無理な話ですよね。

とはいえ、ふとそう考えたことのある人も少なくないのでは…。

付き合いはじめはもう相手に夢中。

ドキドキハート

まさに“恋は盲目”です。

その時期には見えなかった相手の嫌な所も驚く一面も、全部あからさまにしてしまうのが結婚というもの。

どんなにお互い譲り合っていても、相手の言動に腹が立ち、ケンカになってしまうこともあるものです。

そんな時につい考えてしまうのが「もう一度結婚できるなら…」。

既婚者たちが仮にもう一度結婚するならば、次の相手に選ぶのは別の人でも今の夫(妻)に似たタイプ?

それともまったく逆のタイプ?どちらなのでしょう?

「もし、もう一度結婚できるとしたら誰と結婚したいですか?」

<既婚男性>
1位 もう一度結婚できても、今の配偶者を選ぶだろう 40.0%
2位 今の配偶者の欠点が埋まればいい 19.3%
3位 今の配偶者と似たタイプ 17.3%
4位 結婚はしない 12.3%
5位 今の配偶者と正反対のタイプ 10.7%
6位 自分の母親と似たタイプ 0.3%

引用:http://www.anniversaire.co.jp

既婚男性のうち、1番多かった回答は「もう一度結婚できても、今の配偶者を選ぶだろう」

実に40%もの回答数得票です。

2番目は「今の配偶者の欠点が埋まればいい」が19.3%

3番目が「今の配偶者と似たタイプ」で17.3%

これら「今の配偶者」を選んだ回答を合わせれば、8割近くの男性が今の妻を基準に考えていることに。

5位の「今の配偶者と正反対のタイプ」という回答も、裏を返せば「今の配偶者」を基準にしたものなんですよね。

つまり、仮に次の結婚を考える場合にも、今の奥さまの影響がどれだけ大きいのかということが十分に分かる結果になったんです。

一方既婚女性の回答は…。

<既婚女性>
1位 もう一度結婚できても、今の配偶者を選ぶだろう 39.0%
2位 今の配偶者の欠点が埋まればいい 29.0%
3位 今の配偶者と似たタイプ 13.7%
4位 今の配偶者と正反対のタイプ 11.7%
5位 結婚はしない 5.7%
6位 自分の父親と似たタイプ 0.3%

引用:http://www.anniversaire.co.jp

一部、順位の逆転はあるものの、既婚女性の回答もそれ意外は男性とほぼ同様の結果。

2位の「今の配偶者の欠点が埋まればいい」は、男性よりも10%ほど多いのが特徴です。

この結果は、男性よりも女性の方が、夫の欠点にガッカリしたりすることが多いということなのかもしれません。

とはいえ、その欠点さえ克服すれば、「配偶者は今の夫以外に考えられない」という心中を表しているのはないでしょうか。
おじいさんおばあさん

5位の「結婚はしない」は男性の約半数となる5.7%。

「もう結婚はこりごり」と思いがちなのは、女性より男性の方が多いようですね。

なにはともあれ、男女ともに8割以上が「今の夫(妻)」を中心に配偶者を考えているという結果になりました。

誰と結婚するかは、人生で最大の選択ともいえるかもしれません。

相手に対する小言やイライラも幸せの一部♡

既婚者が相手への不満や文句を言っていても、「やっぱり結婚って幸せなんだなぁ♡」なんて羨ましくなってきちゃいますよね…。

夫婦カテゴリの最新記事