結婚前提での交際期間ってどれくらい?

結婚前提での交際期間ってどれくらい?

「結婚前提で付き合いましょう」

と言ってお付き合いを進めていくこともありますが、この場合の交際期間はどれくらいが適当なのでしょうか?

ここでは、結婚を前提に付き合う期間について見ていきましょう。

結婚前提に付き合うとき、交際期間はどれくらい?

カレンダー
最初から結婚前提で付き合うと決めて付き合う場合は、最終目的が結婚になります。

「この人と結婚できるかどうか」を判断するための交際期間です。

そのため、結婚前提で付き合う場合は、交際期間は1年くらいになるのが一般的のようです。

1年を通じていろいろなイベントや季節を共に過ごし、2巡目に入る頃に結婚を決めるという流れになるようです。

また、最初から期限を設けて交際する人も中にはいます。

期限をあらかじめ区切るとき、1年という期間は区切りやすい期間とも言えますね。

付き合い期間が短いことのメリットやデメリット

結婚式
もちろん1年というのは目安なので、それよりも短い人もいます。

「交際0日婚」なんていうのもごくまれにですがあるようです。

交際期間が短い人の特徴としては、考えるのではなく直感で決めた人が多いことでしょうか。

メリット

メリットとしては、交際を始めて比較的間がないので、勢いにのって結婚まで進んでいけることではないでしょうか?

デメリット

デメリットはやはり、あまり相手のことをよく知らない状態で結婚するということでしょう。

付き合い期間が長いことのメリットやデメリット

男性の上で寝る女性

メリット

付き合い期間が数年にわたるような場合は、相手のことをよく知ってじっくりと結婚について考える機会がある点がメリットです。

結婚に至るまでに2人の仲も落ち着くため、ゆっくりと結婚準備を進めることができます。

デメリット

逆にデメリットとしては、結婚を決めるタイミングが難しくなってしまうこと。

1年程度であれば、交際してから1年目の記念日などは良いタイミングになりますが、

数年経ってしまうとプロポーズのタイミングがつかみにくくなって、ついつい先延ばしに、ということも起きかねません。

結婚前提で付き合うとき、交際期間の目安は1年程度

神社で結婚式したい!対応プランナーはいる?3
結婚前提で付き合うとき、交際期間としては1年程度が目安のようです。

しかし、もちろんそれより短い場合もあれば長い場合もあります。

大切なのは、しっかりと自分の意志が固まってからの結婚が良いと言えるでしょう。

恋愛カテゴリの最新記事