40代の彼氏と結婚する4つのコツとは?

40代の彼氏と結婚する4つのコツとは?

40代の独身男性は、20代や30代の男性と違って、結婚願望があまりありません。

もちろん過去には結婚を考えたものの、何となく結婚とは縁遠くなってしまったという人も、少なくありません。

40代の彼氏と付き合っていて、ゆくゆくは結婚を考えるなら、若い世代の男性とは異なるアピールが必要になります。

40代独身男性の生態と攻め方

独身ならこんな生活

お酒を飲む男性

40代で独身の場合、恋愛よりも仕事中心の生活だった可能性が高めです。

仕事ではキャリアを積んでいて、社会的なステータスもあります。

国税庁の調査によると、平成27年分の給与調査では男性45.4歳を平均にした総額は、およそ520万円です。

独身で正社員の場合は平均以上の収入を得ている人もいますので、独身生活を満喫するのに十分といえるでしょう。

マンションを購入する人、貯蓄をする人、趣味に使う人、それぞれが確固とした生活スタイルを確立しています。

結婚にはこんな思い

車でデート

40代というステージに入ると、あきらめムードが漂いはじめる人もいます。

結婚に必然性を見いだせなくなったと、考えられる場合もあります。

なぜなら、今まで家事も料理も自分ひとりで完璧にできたし、問題なし。

これからも自由に生きられれば幸せかも…という本音もあるでしょう。

40代でバツイチの場合は、結婚するメリットも実感していますので、機会があれば前向きに考えたいというところでしょう。

このような彼氏と結婚をするなら、やはり結婚に踏み切るきっかけがないと難しいようです。

結婚したいと思わせる4つのコツ

50代になったら生涯独身

悩む男

40代はまだ結婚か独身かを選べる世代ですが、50代になるといよいよ生涯独身を覚悟しなければなりません。

年齢を重ねると、生涯独身でいることに寂しさを感じる人もいます。

結婚をするならタイムリミットはもうすぐ!ということ意識させ、危機感を持ってもらうしかありません。

「生涯独身でいい」という彼氏に情に流されて付き合い続けると、あなたも独身になるリスクがあります。

結婚したいから別れなきゃ

ふたりで佇む

「彼女がいなくなったらどうしよう…」という危機感を持たせることも大切です。

実際に女性が30代を過ぎれば、お見合いの話がきてもおかしくありません。

40代の彼氏とダラダラ付き合っている場合、彼氏のペースに流されていることが考えられます。

その流れをいったん断ち切るために、他の人と結婚するかもということを伝えてみましょう。

そして、彼氏の反応を見てみましょう。

別れたくないと彼氏が言うのなら、結婚前提で付き合いましょう。

家事はあなた以上にデキる

料理

独身歴が長い男性は、家事も掃除もデキる人が多いです。

そのため結婚するなら彼女のあなたも、基本的な家事はもちろん、彼氏よりも上回るスキルがないとPR材料になりません。

料理なら彼が作れないような料理を振る舞ったり、健康的なレシピを教えてあげたり。

40代男性は、女性を見る目もありますので、自分に貢献してくれそうな女性なら、一緒にいたいと思うでしょう。

外見ではなく、中身で勝負です。

仕事も趣味も束縛しない

40代の独身男性が結婚をしたがらない理由に、自分のライフスタイルを邪魔されたくない、という思いがあります。

結婚したら、趣味をあきらめなきゃいけない、お給料が全部使えない。

このように、結婚したら当たり前と思われることを要求しただけで、結婚に躊躇してしまいます。

この場合は、結婚しても束縛しないことや、時間を自由に使えることを提案しましょう。

ただし、彼女に対して全く歩み寄りを見せない男性は、かなり自分勝手で、結婚後に苦労することになります。

人間性も含めて、結婚相手にふさわしいかを考えてみましょう。

結婚したくなくなる瞬間とは

40代の彼氏の両親は、高齢であることが予想されます。

そのため親と合わなそうな子は、彼女止まりになるでしょう。

40代は、「男は仕事、女は家庭」という社会的な観念が強い中で育ってきたため、家庭的な女性を理想の妻と考える場合もあります。

結婚したら、彼女が”かかあ天下”になって、お金と時間が奪われそうだと思ったら、結婚は考えにくくなります。

まとめ

40代の彼氏のライフスタイルは、ほぼ確立されていて結婚の必然性を感じていないことが特徴です。

彼以上の家事スキルを身につけ、離したくない彼女になりましょう。

彼がケガした時、風邪をひいた時はチャンス。

献身的に尽くしましょう。時には危機感を出すことも大切です。

結婚カテゴリの最新記事