束縛彼氏 こわ~い エピソード4つ

束縛彼氏 こわ~い エピソード4つ

束縛彼氏のこわ~~~いエピソード4つ

彼女の事が好きで好きでしかたがない!

彼女の事がとても大切な気持ち、それってとっても素敵ですよね♡でもその愛情表現を間違えると大変なことになってしまいます。

今回は筆者の周囲の人間が経験した、束縛彼氏の身の毛もよだつ恐ろしいエピソードをご紹介しましょう。

これを反面教師として皆さんもこんな彼に引っかからないように気をつけましょう!

【束縛彼氏 転職する彼氏 束縛度4】

転職する彼氏
大学生のAさん。彼女には付き合って半年たつ同じ大学の彼氏がいました。

最近ではAさんの一人暮らしのアパートにほぼ毎日入り浸っているそうです。

離れているときと言えば、彼がバイトの日くらい。

それでも彼は少しでも離れていることが寂しいと言います。

最初はAさんも寂しがり屋で可愛いな、くらいにしか思いませんでしたが、ある日驚くことが起こりました。

Aさんがいつも通り自分のバイト先へ行くと、店長から新人さんを紹介されました。

そこにいたのはAさんの彼氏。

めちゃくちゃ驚きましたが、屈託なく笑う彼を見て責めることが出来ませんでした。

しかし、それから毎日彼はAさんのアパートへ泊まり、その足で学校も一緒に行き、バイト先にも彼がいる生活が始まったのです

常に彼氏がくっついているので、周囲の友達もAさんから疎遠になっていきました。

Aさんは彼に今のバイト先がゼミの時間と合わないと嘘をつきバイト先を変えました。

少し距離を置けたことにほっとしたのも束の間、後日新人として彼がまた入ってきたのです。

その頃にはAさんの彼に対する愛情はなくなり別れを切り出しましたが、結局大学を卒業するまでは付きまとわられたそうです。

【束縛彼氏 信じない彼氏 束縛度5】

自動車から降りる彼氏
OLのBさんには付き合い始めたばかりの彼氏がいました。

先日、コンパで知り合い意気投合し、彼から告白。久しぶりの彼氏にBさんも浮かれていました。

付き合い始めて2週間が経とうとしていた頃、ある日Bさんはいつものように会社にいました。

そろそろ定時でしたが繁忙期という事もあってその日は残業が決まっていました。

そんな時、彼から「仕事終わった?」のメール。

デートのお誘いかな?と思いながらも「今日は残業なんだ(泣)」と返すと、彼から着信を知らせるメッセージ。

事務所を出たBさんはこっそり電話に出ます。

すると「今、本当に会社なの?俺の電話が出れるのに?本当はどこにいるの?」といきなり声色を変えて責め立ててきたのです。

Bさんは驚きながらも丁寧に説明し、必ず仕事が終わったら連絡するという約束をして何とか仕事に戻りました。

2時間ほど残業をして彼に「終わったから帰るね。」とメールを送信。

特に返事はなかったので、気が済んだのかな?と思いそのまま帰り支度をして会社をでました。

すると、会社の最寄駅に彼の姿が。

「・・・ずっと待ってたの?」と聞くと「たまたまだよ。」と彼。

そしてBさんを家まで送り届けるとそのまま帰って行ったそうです。

なんとそのあと同じことが4日間続き、Bさんは怖くなりその彼とは別れたそうです。

【束縛彼氏 変装させる彼氏 束縛度7】

変な顔
Cさんは今の彼とコンパで知り合いました。

女性らしいところが好きだと猛アプローチをされ、Cさんも彼の事が気になっていたのもあり2人は晴れて付き合うことに。

女性らしいところが素敵だと褒めてくれたので、そういうタイプが好みなのだろうとCさんもデートのときは張り切っておしゃれをしました。

ある日デートの待ち合わせでいつものように綺麗めな服装で行くと、彼はなんだかご機嫌斜め。

どうしたのか聞くと、Cさんの最近の服装が気に入らないと言うのです。

彼曰く、スカートから出る生足や、胸元が大きく空いた服も、ノースリーブも肌を出しすぎで、他の男がチラチラ見ているのだとか。

しかし、Cさんの服装はとりわけ露出が多いわけでも、派手なわけでもないのです。

Cさんも元々尽くすタイプだったこともあり、彼の希望に合わせてみることに。

次のデートの日、Cさんの服装は、チノパンにスニーカー、トレーナーにキャップと言うまるで男性のような恰好。

彼はこれでいい、と大喜び。

若ければ可愛いのかもしれませんがCさんはその時30歳。

やっぱり以前のような格好でデートしたいと頼みましたが、お前は俺以外の男に露出してる格好を見られて興奮するのか?と彼に責められました。

Cさんは彼の異常性に疲弊し、反抗するのは諦めて数回その格好でデートをしました。

とうとうその格好を会社の人に見られてしまい、Cさんにも我慢の限界がきて別れてしまったそうです。

【束縛彼氏 監視する彼氏 束縛度10】

監視する彼氏
Dさんは付き合って2ヶ月になる彼氏がいました。

彼はとても優しく穏やかな人で器の大きな人。

Dさんにとってとても自慢の彼氏。

その日のデートは初めて彼を自宅に招く日。ちょっぴり緊張しながら彼を迎えました。

リビングでDVDを見ながらくつろいでいる時、彼がトイレへと立ちました。

Dさんの家の廊下にはトイレの他に物置や洗面所への扉があります。

そしてどれも同じ扉でした。

Dさんが急いで彼にトイレの場所を教えようとしましたが、彼は迷いなくトイレの扉を開けたのです。

アレ?っと思いましたが偶然開けた扉がトイレだったのだろうとその時は思ったそうです。

その日は楽しく過ごし、それから彼がDさんの家へくることが多くなりました。

Dさんも彼を大好きだったので喜ばしいことでしたが、一つ不思議なことがありました。

夜の営みを頑なに、Dさんの部屋でしようとするのです。

彼の家に遊びに行っても結局Dさんの家に行き夜を過ごすのです。

さすがにDさんも何かあるのかと疑い始めました。

その頃時期は年末。

その日は、年に一度の大掃除をするとDさんは意気込んでいました。

それぞれの部屋を隅々まで掃除し、リビングの棚を拭こうと物をどかすと小さな黒いレンズが出てきたのです

もちろんDさんには見覚えのないもの。

ゾッとし、すぐに警察に連絡しました。

自宅に招きいれたのは彼だけだったので警察と一緒に問い詰めたらあっさりと自供。

彼の部屋からはDさんとの営みが録画されたハードディスクが出てきたそうです。

一番恐ろしいのは、初めて家に招かれる前からDさんの家を調べ、窓から侵入し自宅にカメラを取り付けていたということ。

すぐにDさんは引越しましたが、未だに男性を家に招くことに抵抗があるそうです。

愛してるが故の束縛。

しかし、相手が嫌がることをするのはそれはもう愛ではなくエゴなのです。

自分の気持ちを伝えることは大切ですが、押し付けてはいけません。

あなたの恋人は大丈夫ですか?

そして何より、あなたの恋人に対する愛情表現も大丈夫でしょうか?

恋愛カテゴリの最新記事