同棲が長いカップル必見!知っておきたい事実婚”内縁の妻”の定義

同棲が長いカップル必見!知っておきたい事実婚”内縁の妻”の定義

内縁の妻ってよく聞くけど、具体的に何をどうしたら内縁の妻になるの?

同棲が長いカップルは必見。

今回は内縁の妻の定義をご紹介します。

知っておきたい事実婚”内縁の妻”の定義

内縁の妻とは?

ドライブする二人
よくテレビのドラマなどで耳にする「内縁の妻」

内縁の妻とはパートナーにあたる人と同棲生活を長く送り「夫婦意識」はあっても、婚姻届を出さずにいる女性のことを指します。

最近ではこの状況を「事実婚」と呼びますね。

ざっくり言ってしまえば、結婚している人との違いは婚姻届を出しているか、いないかなんだそう。

実質は夫婦同然で法律的にも「内縁関係」が認められれば”可能な限り”夫婦と同じ扱いがなされるそうです。

内縁を解消した際には離婚の際と同様、年金の分割をしたり浮気の慰謝料などを請求できると言われています。

同居・協力扶助義務、貞操義務、婚姻費用の分担義務や日常家事の債務の連帯責任、夫婦財産制に関する規定、遺族補償および遺族補償年金の受給権、公営住宅の入居や携帯電話の家族割引も認められています。
参考元:http://josei-bigaku.jp/

しかし戸籍が違うので「相続権」などはありません。

内縁の妻と認められるには?

1)当事者に婚姻の意思があるかどうか?

2)共同生活をしているかどうか?

・同棲期間
・家計を同一としていたか
・家事を分担していたか
・両家の親族との交友関係(結婚式や葬式に参列したか)

など、内縁関係にあるかどうかは様々な事情を考慮して決められます。

やはり「同棲」は要になるポイントと言えるようで、どんなに長く付き合っていても「同棲」をしていなければ「内縁」と認められるのは難しいのです。

また両者の「事実婚」の意思が必要なので、片方が同棲をしているから内縁関係だと主張しても認められません。

内縁関係だという証になるものは・・・

・賃貸契約書(同居人として名前が載っていること)
・2人の住民票が一緒
・通帳(2人の収支が1つの通帳になっている)
・2人で使用する家具の購入明細
・妊娠時の医療記録(事実上の夫婦となる意志があるとみなされる)
・親族、同僚、友人など周囲の人達からの証言

など。同棲していればいくつかは当てはまりますよね。

また、世帯を届ける際に、続柄の記載を「妻(未届)」にすると、発行される住民票に「妻(未届)」と記載されます。

これは証明としては有力な手段になりますね。

両手にハートを乗せる

内縁の妻になるメリットって?

〇様々な手続きをする必要がない

婚姻届を提出して入籍すると姓が変わりますよね。

そうなればパスポート、預金口座名義、クレジットカード名義、免許証など様々なものの姓の変更の手続きをしなくてはいけません。

中には変更に手数料などお金がかかることもあります。

内縁の妻であればこれらの労力やお金が一切かからず、そのままでいられるのは一つのメリット。

〇親族との付き合いに距離を持てる

籍を入れると次から次へと発生する親族間のお付き合い。中には煩わしいと感じることもあるでしょう。

事実婚の場合、籍を入れていない以上このお付き合いと距離を置けるパターンが多いそうです。

〇別れる(離婚)ときも楽

残念ながら別れるとなったときは、内縁の妻でいるほうが色々と楽なことが多いようです。

姓を変える必要がないので、職場でも「離婚した」と露骨にバレることはありません。

辛い結婚生活を、入籍してしまったし…と我慢しながら送り続けるよりも、別れる決意はしやすいかもしれませんね。

また、また自分の戸籍に傷がつくことがないのも、メリットのひとつと言えるでしょう。
男女のはてな

逆にデメリットは?

×周囲に理解されにくい(社会的に信用を得にくい)

2人が同意して決めた事実婚で内縁の妻になったとしても、周りの理解を得るのはまだまだ難しいようです。

「事実婚」だと言えば、なぜ籍を入れないのか、どういう事情があるのかと詮索されることも。

区役所などでは、性が同一の妻(婚姻届けを出した夫婦)であれば旦那の住民票などを委任状無くもらいに行くことが出来ますが、内縁の妻となれば住所は同一でも姓が異なるため委任状が必要になります。

また、”個人情報保護”が必要なため、パートナーが倒れても病院で面会自体をさせてもらえないケースも。

×公的な優遇措置が受けられない場面が多い

これはデメリットとして大きいですね。法律上に夫婦である場合、”配偶者控除”や”扶養控除”などといった公的な助成などがありますが、内縁関係だとこれらが受けられません。

また、籍を入れていないと”相続”が発生しないため、パートナーに遺産を残す際には”遺言状”などを残しておく必要があります。

遺言も絶対ではないので、戸籍上の親族から主張されれば応じなければならないケースもあるそう。

×子どもが生まれたら非摘出子扱いになる

通常の夫婦の場合、出生届を出せば自動的に子どもは両親の子になりますね。

しかし、事実婚の場合は母親の戸籍に入ることになり、父親の欄が空欄になります。

父親が認知届を出しても、子供の立場は「婚外子」扱いになります。

子どもを妊娠したことで、事実婚カップルが籍を入れるきっかけになることは多いようです。

上記で紹介したことが全てではありませんが、どんな形の夫婦になるかは2人でしっかりと話し合って決めましょう。

どんな形であれ幸せでいることが大切なのですから。

夫婦カテゴリの最新記事