女子必見!彼氏が「絶対に」結婚を意識せざるを得ない6つの行動

女子必見!彼氏が「絶対に」結婚を意識せざるを得ない6つの行動

もう付き合いも長いのになかなか結婚を意識してくれない彼氏をお持ちのあなた。

「ずるずると長く続いてるけど、これでいいのかな?」なんて不安な気持ちになりますよね。

だからと言って、「私と結婚したいと思う?」と直接的な質問を投げかけるのもなかなか難しいところ。

そんなあなたにも出来る、彼氏が結婚を意識せざるを得なくなるような行動をご紹介します!
段階別になっているので、ご参照ください

彼氏が絶対に結婚を意識する6つの行動って?

1.友人の入籍情報を共有する

結婚式
「A子カップル結婚したらしいよ。」「B君の結婚式行ってきたんだけど結構人いっぱいいた~」

など結婚式情報から始まり、「C美たちは付き合って半年だけどもう籍入れるんだって!」という友人の入籍情報を彼に共有しましょう

結婚適齢期だということを彼にリアルに感じてもらうことがミソです。

まずは軽いジャブですね。

2.子ども・家族観の話をする

子供
「子どもって好き?」「子ども何人欲しい?」など相手の家族観を探るところから、

「女性って出産適齢期があるらしくて~」「私は33歳までに二人欲しくて、2歳差がベストだな~逆算すると2年後には産まなきゃ、時間ない(笑)」など自分の考えや意見をさりげなく、かつカジュアルに織り交ぜましょう。

あまりガツガツと主張すると、引かれてしまう危険性もあるため彼が「子ども3年後には産みたいのか・・、そうか~。」と実感する程度にしておきましょう。

3.結婚したOR子どもが生まれた友人の家にお邪魔する

ワイン
結婚したり出産した共通の友人の新居に、彼と一緒に訪れましょう。

結婚生活を肌で感じてもらい、自分事にしてもらうのが意図。

帰宅中に「幸せそうだったね~、なんか私も結婚したくなっちゃった(笑)」と呟いてみましょう。

このタイミングであれば流れ的に相手もそこまで重くは感じないはずです。

4.相手の家族と仲良くなる

家族
相手の家族と仲良くなりましょう。

仲良くなると言うとハードルが高く感じられますが、笑いながら会話が出来る仲になれれば上等です。

彼の今までの彼女が彼の家族と仲良くしてこなかった場合「こいつは俺の家族と仲良く出来る」と、更に一目置いてくれるはず。

また、家族と良好な関係を築けている彼女がいると、現状を変えたくないと考えるのが普通です。

両親と仲良くなるということは、結婚後の両親付き合いを想像・既成事実化することが出来ると言えるでしょう。

5.第三者に「結婚はいつ?」と促してもらう


最終手段の一歩手前ですが、友人あるいは親に協力してもらい「結婚はいつ?」と指摘してもらいましょう。

あまり強く言うと相手も委縮してしまうので、ライトに聞いてもらうのがポイント。

「他者から見て、もう結婚を意識してもいい頃合いなのか」と、結婚を自分事として意識せざるを得なくなってくるでしょう。

6.期限を決め、答えを出してもらう

悩む男
最終手段です。上で紹介したことを一通り行ってもプロポーズをしてくれない彼なら・・

猶予期限を定めてしまいましょう。

いつまでに結婚するか決めてくれなければ別れる。

ここまでの状況になれば、さすがに渋っていた彼も鈍感な彼も、腹を据えて答えを出すでしょう。

ただこの手段は、既に十分待ったと言える状態であったり、この関係が長続きするくらいなら別れる!

という決意が出来ている方限定です。

もう今の彼氏を待ち続けていたら婚期を逃す!という焦りがあるのなら、やってみる価値アリです。

いかがでしたか?

結婚を考えないようにしている彼でも、意識せざるを得なくなる行動集でした。

プロポーズしてくれなくて悩んでいるあなたは是非1番目からお試しください。

それでもダメな場合!?こちらの記事をお読みください。

恋愛カテゴリの最新記事