同棲・新居の家に置きたい、贈りたい観葉植物6選

同棲・新居の家に置きたい、贈りたい観葉植物6選

皆さんの家には観葉植物が飾られていますか?

一つ置いてあるだけで、部屋の空気もガラッと変わりますしアクセントにもなるのです。

植物は、無機質な部屋も少し暖かい雰囲気に変えてくれますよね。

今回は同棲・新居の家に置きたい観葉植物を6つセレクトしたのでご紹介いたします。

同棲・新居の家に置きたい観葉植物6選

パキラ


出典元:horti

金をもたらす幸運の木と呼ばれるパキラ

パキラは別名「発財樹(money tree)」と呼ばれ、金をもたらす幸運の木として贈られる観葉植物です。風水学的にも仕事運向上に効果があるとされています。「快活」という花言葉からも、これからの商売繁盛を予感させますよね。生命力旺盛で耐寒性があり、日陰でもよく育つので、初心者でも簡単に育てられますよ。
出典元:horti

育て方

5月から10月中旬 室内または戸外の日当たりのよい所から半日陰(真夏の直射日光は避ける)
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい所。最低温度は5度以上で管理

普通の水やりでかまいません。夏頃の生育期はよく水を吸うので、乾かし過ぎないように注意してください。9月下旬から気温が下がるにしたがい、水やり回数をだんだん減らしていきます。真冬の水やりは表面が白く乾いて4,5日して与えるぐらいに、乾燥気味に管理する事がうまく冬を越させるコツです。

あまり根の張らない観葉植物です。鉢の底から根が出て根詰まりしてしまったり、ここ2年以上は植え替えていない株や、根が痛んで新芽の伸びが悪かったりしたら、春の植え替えをします。植え替え時期は春の5月上旬から6月までに行います。

どうしても真夏に植え替えたい場合は、秋の9月中頃まで待ってから、9月一杯までに行った方がよいです。パキラの根は細根ですので根を痛めないよう注意してください。

出典元:http://happamisaki.jp-o.net/green/pakla.htm

育てやすいといわれるパキラ。

観葉植物の中では長い間人気を保ち続けていると聞きます。

手を広げたような形の丸い葉が可愛らしいですよね♡

大きく育てられたものは、インテリアとして圧倒的な存在感を示してくれる植物です。

モンステラ


出典元:モンステラの魅力を最高に引き出す飾り方と楽しみ方5つのポイント

ハワイアン柄としても使われるモンステラ

ハート型の葉がキュートなモンステラ。リビングに飾ると家庭運をアップさせる効果があり、新築祝いに人気の観葉植物です。

ハワイでは「希望」「幸福」のシンボルとされており、新婚カップルへのプレゼントにおすすめです。
出典元:horti

育て方

半日陰~明るい日陰を好む性質ですから、室内で置ける場所も多く、1年中室内で楽しめますし、丈夫で傷みも少なく長持ちします。また、比較的寒さに強いので、冬は水やりを控えれば居間でも冬越しできます。

モンテスラの育て方のポイントの一つ、大きさを維持すには、育てやすい大きさに合わせ、切り戻しや株分け、植え替えで大きさを維持します。

また、下葉が落ちた株や、姿が乱れてきた株は思い切って株元近くまで切り戻し、5月上旬~9月上旬に植え替えます。
出典元:緑のインテリア モンステラ

日陰に強いので、玄関に向いているというモンステラ。

玄関に置いてあるととても映えそうですよね。

そのエキゾチックな形に夢中になる人も多いそうで、葉のシルエットは様々なカテゴリ(アクセサリーやカトラリーなど)で利用されています。

置くだけで一気にオシャレ感が出るので、イチオシの観葉植物です。

ドラセナ


出典元:ドラセナをイキイキ育てる3つの方法と傷んだ場合の3つの復活方法

繊細な姿が魅力的で不動の人気を誇るドラセナ

玄関においておくと幸せになるという言い伝えがある、別名「幸福の木」と呼ばれる人気の観葉植物です。大型から小型まで大きさのバリエーションが豊富なことから、スペースに合わせて観葉植物を贈りたい方におすすめです。

金運アップや開運効果があるとされ、オフィスの隅などに置くと気の流れをよくしてくれますよ。
出典元:horti

育て方

生長が旺盛でよく上に伸びます。あまり上に伸びるのが嫌で小さくしたいなら切り戻しを行い仕立て直しを行います。

また葉の幅の広い「幸福の木」は室内で育てているとホコリがたまりやすいため、ときどき濡らしたティッシュなどで葉の表面を軽く拭くか、ベランダに出して上から水をかけます。

真夏以外は日当たりと風通しのよい場所で育てます。室内に置く場合も窓際の明るい場所に置くようにしましょう。

ある程度の日陰には耐えるのですが、日照不足になると葉の色つやが悪くなり茎も弱々しくなってしまいます。強い日射しに当たると葉が焼けてしまうので、夏は直射日光を避けて明るい日陰で育てましょう。

春から秋は水をよく吸うので土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬は生育も鈍り、さほど水を必要としないので、土の表面が乾いて数日してから与えます。気温が10℃以上保てるようなら少し回数を多めにします。
出典元:ヤサシイエンゲイ

ドラセナは季節に応じて水をやる量に変化がありますが、手入れがさほど難しくないため人気の観葉植物です。

部屋にも玄関にもどちらにも手軽に置けて、手入れも簡単なのでオススメです♡

サボテン


出典元:サボテン・多肉植物専門店 SabotenStyle

遊び心のあるサボテン。花言葉は枯れない愛

新婚夫婦に引越し祝いを贈るなら、手入れも楽で花言葉も素敵なサボテンがおすすめ!
独特の可愛さ・不思議さが観葉植物として人気のサボテンは、手入れも楽で若い二人にぴったりです
出典元:観葉植物の新築祝い・新居祝いのプレゼント

育て方

水のやりすぎに注意! サボテンは乾燥に強いのですが、成長が遅いので水をやり過ぎると根が腐ってしまいます。

意外と育てるのは難しい サボテンは手間がかからず、育てやすい…というイメージがありますが、水のやりすぎで腐らしたり、逆に水をやらなさすぎてミイラ化したりと、意外と初心者は管理に苦慮します。

管理場所は日当りのいい、雨の当たらない場所。戸外に置く場合は屋根のある場所か、ビニールなどで雨除けをしてやるといいですが、面倒です。 冬は室内の日の当たる場所に置いてください。
出典元:サボテンの育て方

サボテンを立派に育てるためには、いくつも知っておかなければならないことがあります。
・季節によって置き場所を変える
・土の表面が乾いてから水やりをする
・春か秋に植え替えする
・挿し木で増やすのがおすすめ
この4つの注意点を守って、サボテンの栽培を楽しんでください。
出典元:実は難しい!? サボテンの育て方 4つの注意点

独特の形状が可愛いサボテンたち、ほっておいても育つと思われがちですが、実は育てるのが意外と難しいようです。

といってもやはり観葉植物ならサボテンが好き!

という人も多いと思うので、雨の当たらない場所で温度管理をして、しっかり育ててあげてください。

ユッカ


出典元:見とれるほどの美しさ!個性的なユッカの仲間とセンス抜群な飾り方

尖った葉が特徴的なユッカ

「青年の樹」とも呼ばれる、上へすっと伸びる姿が美しい中型の観葉植物です。幹のゴツゴツしている様子がゾウの足に似ていることから「ユッカ・エレファンティペス」とも呼ばれ、力強さも感じますよね。成長・発展の象徴で、風水的では金運・仕事運アップに効果があるとされていることから、開店・開業祝いに人気のお祝いです。乾燥に強く、耐寒性もあり、日当たりがよいところで育てるのに向いています。
出典元:horti

育て方

 耐陰性はありますが、本来は強光線下で育つ植物なので、できるだけ直射日光の当たる場所に置きます。春から秋の高温期は、屋外に置いても問題ありません。乾燥した環境を好むので、1年を通じて乾かし気味に管理します。特に冬は、水やりを控えめにすることで、耐寒性が増します。
出典元:eグリーンコミュニケーション

乾燥に強いので水のやり過ぎに注意
越冬温度は5℃以上
春から秋は十分日の当たるところに置きます
出典元:ヤサシイエンゲイ

ユッカは寒さに強く丈夫で育てやすいことから、初心者にぴったりと言われているそうです。

個性的で存在感のある姿をしているので、部屋の印象をきりっと変えてくれること間違いなし!

サンスベリア

マイナスイオンを放出するというサンスベリア

邪気を払い悪い気を浄化して、幸運をもたらしてくれると言われています。尖った葉は殺気を生じるので風水的には良くないとされていますが、柔らかい葉は問題ないそうです。

ただ、リビングや寝室は避け、玄関に置くのが理想で、悪い気をはねのける役目をしてくれるそうです。
出典元:【金運アップ】運気が上がる観葉植物まとめ

育て方

サンスベリアは以下の3つのポイントを押さえておくとイキイキと元気に育ちます。
①日当たりの良い場所で育てる。
②水やりは土が乾いたらたっぷりと与える。
③冬は10℃以上保てる場所に避難させる。
④2年に一度植え替えをする
出典元:サンスベリアの育て方~枯らさずイキイキ育てる4つのポイント~

乾燥に強い分、過湿には弱い。
真夏以外はよく日光に当てて育てます。
冬は水を断って耐寒性を強くします。
出典元:サンセベリアの育て方

空気清浄効果が高いと有名になり、育てやすさで人気のサンスベリア。

マイナスイオンを効果的に取り入れることに一役買ってくれそうです。

一般的な観葉植物とは育て方が少々異なるので、しっかりとポイントを押さえて育ててあげたいですね。

いかがでしたでしょうか?

それぞれに良い個性があるので、自宅に似合う植物を選んでくださいね。

観葉植物選びのデートに行ってみるのも、楽しいかもしれません。

夫婦カテゴリの最新記事