必見!自然にデートに誘う方法とは?

必見!自然にデートに誘う方法とは?

自然に誘い出せるデートの方法をご紹介します。

デートに行く際に、一方的に『行こうよ、行こうよ』と言っても相手からは警戒心を抱かれたり、断られる場合があります。

職場でもイベントでも、友達でも、まずは1回目のデートから始まるわけですので、なるべく自然に誘い出すことができるポイントをいくつか押さえておけば、あとは流れに沿って話を進めるだけ。

もちろん相手がOKしやすい関係性を作っておくことが重要ですが、それができたら、いつでもデートに誘うことができるように準備しなければいけません。

こちらでは自然なデートの誘い方について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

手をつなぐふたり

相手が行って楽しかったところを誘う

実際に相手が行って楽しかったところの話を聞いたときに、デートに誘ってみましょう。

例えば先週、家の近くのボルダリングに行ってきた話を聞いたとします。

それについてまずは、聞く。どんな感じだったのか、相手が楽しかったのかどうか?

またしたいと思っているのかどうか、よく関心を寄せて聞き出します。

そのあとに、自分がしたことがないなら、『今度教えてよ。』と誘い出せます。

したことがあるなら『自分もしたことがあるから、一緒に行ってみようよ』と誘い出すことができます。

相手が好きなご飯を誘う

あなたの好きな食べ物は何でしょうか?うどん、そば、ラーメン、カレー、お酒などなど。

自分が好きな食べ物のおいしいお店を聞いたら、行きたくなりますよね?

同じように、それを相手にしてあげることで、相手は気分よくデートに来てくれます。

例えば相手の好きな食べ物を聞いて、うどんならうどんで美味しいお店を探す。

なるべくおいしいと思われるお店を探し出し、『この間うどん好きって言ってたけど、ここのお店美味しいらしいから行ってみない?』といえば自然に誘えるわけです。

自分の行きたい店に連れていくよりも、相手は気分よく楽しみにしてくれます。

ふたりで食事

相手が行ってみたいところを誘う

相手がずっと行ってみたかったところに誘えば、相手がデートに来てくれる可能性は高くなります。

相手が行きたがっているけど、いけないのには理由があるかもしれませんので、それを聞き出したり、探し出して、その問題を解決してあげれば相手とデートができます。

女性一人で入りづらいなら、自分がついていく、混んでいて並ばなければいけないようなお店なら、事前に予約をしておくなど。

相手がなかなかいけない理由を解決してあげれば、『じゃあ、一緒に行く?』『空いているらしいから、行ってみない?』と自然に誘えるわけです。

相手と一緒にデートができるといいですね。

まとめ

今回は自然に誘い出せるデートの方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

特に、最初のデートはなかなか誘いづらいと思う人は多いでしょう。

重要なのは相手目線になって、相手が行くメリットがあることを感じさせることです。

自分の行きたいところに誘っても、相手がこちらに好意を持っていたり、仲の良い友達関係でない限りなかなかOKしてくれないこともあるかもしれません。

ぜひ好きな人をデートに誘って、付き合えるいいですね。応援しています。

恋活カテゴリの最新記事