気軽に誘える!お食事デートでより相手を楽しませるには?

気軽に誘える!お食事デートでより相手を楽しませるには?

お食事デートでより相手を楽しませるには?

今回は食事デートをもっと楽しむために意識したいポイントをご紹介します。

デートに誘う際に1番誘いやすいのが、「お食事」という人も多いのではないでしょうか?

そんなに仲良くなくても、気軽に誘うことができますし、緊張せずに話すことができますよね。

しかし、ただ一緒にご飯を食べても、それはただのご飯を食べる友達であって、それ以上には発展しないわけです。

ですから、この人と一緒にいて楽しいと思われるように、相手を楽しませなければいけません。

では、どのようなところに意識すれば楽しく盛り上がることができるのでしょうか?

今回は、男女に聞いたご飯を一緒に食べる際に盛り上がる、距離が縮まるポイントをご紹介します。

美味しいそうに食べて話す

美味しい食べ物を相手が食べていたら、ご飯が美味しく感じますよね。

自分の食べているものが美味しいと相手にしっかり伝えることで、相手も嬉しい気分になりますし、雰囲気が良くなります。

男性はあまり女性よりも、感情が出ない人が多いので、美味しい食べ物を食べている際には、それを言葉で表す。

美味しそうに食べることを意識すると、より相手にも伝わります。

また、無言でもぐもぐ食べるのではなく、今食べているものの、どれがおいしいのかの話をするといいでしょう。

メニューの話題で話す

メニューがあるときにすぐに即決で決めてしまう人もいますが、それは少しもったいないかもしれません。

だらだら優柔不断に決められないのは、相手も面倒に感じてしまいます。

しかし、早めに自分の食べ物を決めおけば、相手にどれが美味しそうか、どれを食べたいかなどの、今のご飯の話題がここでできます。

また、特に相手がずっと行きたかったお店であれば、相手は悩むはずなので、より楽しい話題を作ることが出来るでしょう。

分け合う

自分のものは自分のもので食べるのはいいですが、より距離を縮めたいなら、相手と自分が食べているものをシェアすると物理的にも精神的にも距離が縮まりやすくなります。

これはお店の雰囲気によって出来るところとできないところがありますが、せっかく美味しいものを食べに来ているのですから、分け合って食べてたいところ。

シェアすれば、相手とどこがどう美味しいか共感することができますので、そこでまた一つ話題になります。

自分の食べ物は自分の食べ物で食べるのではなく、相手に美味しいところを分け合えば、相手も喜んでくれるはず。

ポイントは綺麗に食べること。汚いと、相手の食べる気が失せてしまうので注意しましょう。

まとめ

今回は食事デートをもっと楽しむために意識したいポイントをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

食事は誘いやすく、1回目のデートで好まれます。

しかし、ただご飯を食べに行っただけでは、2回目のデートには繋がりづらいでしょう。

ご飯を食べているのですから、ご飯の話題について掘り下げることもできますし、美味しそうに食べれば、相手も楽しくお食事ができます。

楽しいデートになるように応援しています。

恋活カテゴリの最新記事